,テレビADに向いている人,適性,ADなるために,テレビADに向いている人、適性" />
番組の企画・制作や、VPの制作や撮影、編集、ドローン空撮を専門に行うクリエーター企業

7.テレビ番組制作ADに向いている人、適正

テレビ番組制作アシスタントディレクターに向いている人

ADの仕事内容は、番組によって様々ですが、業界に長くいることができれば自然と覚えます。

しかし、そこからディレクターやプロデューサーになるには、コミュニケーション能力と細かいことに気がつく事、気配りが必須と言えるでしょう。

ただ仕事をこなすだけであればADで充分なのです。ディレクターには取材先に行き、細かい所を観察してネタを探したり、面白い事を探したりしなければなりませんし、プロデューサーには出演者のケアなのでの気配りが必要になってきます。
ADから先へのキャリアプランを考える上で、上記の能力は必須といえるでしょう。

気持ちの切り替えができる人

単純にテレビ業界に向いている人と言われ、まず挙げられるのは、気持ちの切り替えができる人だと思います。
いつどんなときでも仕事が舞い込んでくるのが、ADです。仕事を探せば、いつでもどこでもやるべきことは見つかります。
現場で活躍しているADの皆さんは、終わらない仕事を前に、「どのように効率よく仕事を片付けるか」を意識しています。自分で切替をしながら仕事をしなければ、休憩を取ることすらできません。
仕事と休憩の切り替えをすることは、ADにとって大事な能力なのです。

仕事の優先順位をしっかりできる人

次に挙げられるのは、優先順位をしっかりとできる人です。ディレクターから頼まれる仕事は、ときに想像を超えるボリュームです。
情報収集・情報の確認、番組で使う美術セットや編集で使うイラストの発注、ロケのスケジュール作成等、述べた以外のこともあります。
これらの仕事をこなしていくには、どの仕事が大事で、忌ますべき仕事は何なのかをはっきりと把握する必要があります。どれから手を付けていいかわからないと、放送に支障を来すことさえあるのです。

キャラクターが大事

これは番組制作の現場だけに限った事ではありませんが、特に制作の現場では面と向かったコミュニケーションが大事になります。現場のスタッフや、取材対象の方など、多くの人と関わります。その為コミュニケーション力は必須と言えます。

 

 

LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 株式会社ドックス|dox Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.