,テレビADになるには,AD仕事,AD未経験," />
番組の企画・制作や、VPの制作や撮影、編集、ドローン空撮を専門に行うクリエーター企業

6.テレビ番組制作ADになるには

テレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)になるには

アシスタントディレクターになるためには、コミュニケーション能力が必須です。コミュニケーション能力のある人は様々な情報を集めすぐ仕事ができるようになりますし、取材先とも良い関係を築くことができます。良い関係を築くことができると他では教えてくれない話や入れない場所などを見せていただくことが出来ます。

良い関係を築く事ができないと、取材NGや撮影NG になることが多々あります。また、細かなことに気がつくことも大事になってきます。ちょっとした事に気がつくということは場の雰囲気を敏感に察知し対処することが出来ます。

キー局は四年制大学卒以上が必須

ADになるためには、基本的にテレビ局か番組制作会社のどちらかに就職する必要があります。
テレビ局では大抵、四年制大学卒業以上の学歴が求められます。またキー局と言われる(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)では、内定者は六大学レベル以上がほとんどを占めるのは事実だそうです。
テレビ局の採用試験では、ものすごい倍率をくぐり抜けなければなりません。番組制作に携わりたいという強い意思がある場合、難易度の高い大学に入っておくことは、キー局に入るためのひとつの強みになるでしょう。

キー局に入れなくとも制作会社の枠があります。テレビ局員になると、自分のやりたい部署に配属されるかどうかは、入ってからでないとわかりません。番組の現場は制作会社が仕切っている事が多く、番組制作あえて制作会社へ入社する人も多くいます。

制作会社にはどうやって入れるの?

テレビ番組は、テレビ局の人間だけで制作しているわけではありません。各テレビ局は系列子会社や番組制作会社へ外注している場合も多く、その番組制作会社にもまたADが存在します。
テレビ局とは違い、番組制作会社では専門学校卒の人を受け入れることや、学歴不問でアルバイトを募集することもあります。そこからADの仕事をすることも可能です。
しかし、番組制作会社はどこも一緒ではなく、会社によって担当している番組や規模が違います。

映像制作求人募集

 

LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 株式会社ドックス|dox Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.