,AD仕事内容,ADなるには,AD未経験,AD研修," />
番組の企画・制作や、VPの制作や撮影、編集、ドローン空撮を専門に行うクリエーター企業

1.テレビ番組制作ADの仕事内容

アシスタントディレクターとは 〜前置き〜

テレビを制作する上で必要な事は色々ありますが、コミュニケーション能力や体力、やる気が大事になってきます。テレビの仕事はとても大変です。やる気があっても体力的に厳しくなり辞めていったり、何をしているのか分からなくなり、辞めていくスタッフが多いです。この業界を目指している人は、まずはやる気や体力がどれ位あるのかを考えて見ましょう。

実際に社会に入ると、どの業界でもそうですがコミュニケーション能力が大事になってきます。テレビの仕事は現場のスタッフの他にも、一般の方や出演者などと多く関わったり、取材相手から多くの情報を引き出したりしなければなりません。うまく仕事をしていく上でも特にコミュニケーション能力が大事な業界といえるでしょう。

ディレクターのサポーターになる

テレビ番組の企画・制作では、最初まずはAD(アシスタントディレクター)から始まります。

制作チーム各自の役割としては、プロデューサーが予算や人員などの責任もとる総監督、ディレクターが番組を演出する現場監督とするならば、ADはディレクターの補佐として、動く役回りを担います。

ひとつの番組を作り上げるには、出演者のほかにカメラマンや照明・音響、大道具・小道具スタッフなど、とても多くの人が関わっています。現場監督であるディレクターひとりだけでは、各自への細かな指示をすべてこなすことができません。

そこで、ADはディレクターの手が回らない細かな仕事を引き受けるのです。大抵の場合、ひとつの番組を作るのに複数のADがつきます。

番組制作にADは必要不可欠

出演者のアポとりやロケ先のリサーチ、移動や宿泊の手配、はたまたロケ弁当の手配…と、ADの仕事は多岐にわたります。 ロケによって状況も環境も異なりますので、その場の雰囲気を素早く察知して、臨機応変に行動しなければなりません。

たとえば、真冬の屋外ロケで、寒くて具合が悪そうにしている出演者がいたとします。そこで、何も気がつかずにボーッと立っているか、それとも温かい飲み物を差し出すことができるか。この違いが、簡単なようでいて優秀なADになれるかどうかの分かれ目です。

よく気がつくADがいると、スタッフも出演者も、気分良くスムーズにロケを進めることができます。優秀なADなくして、番組作りを円滑に進めることはできません。

ADには覚悟が必要

ADはときに、長時間で仕事をしなければならない場面があります。

番組によっては深夜のロケもありますし、極寒の地や海外ロケになるかもしれません。

また、大抵の場合、ロケ先には一番に乗り込んで準備をしたり、最後まで片付けをしなければなりません。

このようなADの仕事は面白そうという気持ちだけでは、体力的にも精神的にも続けることができないでしょう。

ですがそんな苦労のもとに素晴らしい番組ができあがります。体力はもちろんですが、いい番組を作りたいという気持ちが必要です。

ほとんどのディレクターやプロデューサーは、AD時代を経験しています。AD時代は番組制作の流れを体得するとても貴重な時間です。

AD求人募集!未経験者新人研修があるので、安心☆

 

 

LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 株式会社ドックス|dox Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.