テレビ番組制作

テレビ番組制作の人って?

テレビ番組制作の人は、社会的にどんな立ち位置かと考えると、テレビとはそもそも「人に何かを伝える物」であります。
教師と同じような仕事だと言えると思います。多くの人に何かを伝え、笑わせたり、驚かせたり、喜ばせたりする事が出来る反面、悲しませたりする事が出来ます。 つまり、人を生かしたり、殺したりする事が出来るという事です。
この仕事は、テレビの向こうに居る人の事を考え、伝える責任を忘れず番組制作をする必要があります。

番組制作の流れ

私たちが普段何気なく見ているテレビ番組は、制作のプロによる多くの技術があって成り立っています。どういった流れで番組が作られ、どのような職種の人たちが関わっているのでしょうか?こちらでは番組制作の流れや、それぞれの作業に携わる職種についてご紹介します。  テレビ番組と言っても、ドラマやバラエティ、ニュースにドキュメンタリーと様々なジャンルがあります。これらはその企画段階から、放送時間帯やコンセプト、視聴者のニーズなどを加味して制作が行われ、そこから出演者交渉や撮影スケジュールの決定、音声・映像編集などを経て番組が作られていきます。もちろん、撮影現場でもさまざまな分野のスタッフが動いており、表に出ている出演者以外にも、実に多くの職種によって番組が支えられています。

どういった事が学べるのか

あらゆるシーンで目にする事が多くなった「映像(動画)」ですが、その最高峰に位置するのがテレビ番組制作だと思います。これだけお金や時間を掛けて制作している映像は他にありません。
映像制作についてのノウハウを身につける事が出来ますが、単に映像制作だけではなく、営業的な事や、事務的な事、物作りの事や、チームワークなど様々な 事を学ぶ事が出来ます。

企画立案

まずは、どのような番組を作るかを決める必要があります。ディレクターやプロデューサーによる企画立案、そして構成作家が番組の構成を作ります。

リサーチ

企画に基づいて、撮影や取材の場所、内容などに関してのリサーチはAD(アシスタントディレクター)が行います。

ロケハン

ロケが必要な場合、その場所に実際に行ってカメラワークや撮影許可取りなどを考慮するロケハン(ロケーションハンティング)が行われます。

ロケ・収録

ロケは、現場の状況を見ながら進行をしていくことが求められますが、現場での諸雑用を任されるのがADです。現場を指揮するディレクターのもとで、多くの作業をこなすことになります。

編集・MA

撮影が全て終了した後は、映像素材を切り取ってつなぎ合わせる作業に入ります。ディレクターが最終的に素材をどのように組み合わせるかで使うかで、番組の質が決まります。

O.A

これでようやく皆さんの所にテレビを通じて配信されます。 このほかにも、番組制作に関わる仕事は数多くあります。どれもが番組を作る上で欠かすことができない職種であり、それぞれがやりがいを持って自分の役割に尽力しています。

先輩社員たちの声

業界で活躍するドックスメンバーたちの声を聞いてみましょう。

Q テレビ業界を目指した理由

テレビ業界の人なら共通の理由かもしれませんが、 テレビを見るのが好きだったというのがきっかけです。
見るのが好きというところから番組制作の裏側に興味を持ち自分で調べるだけではなく、 企業説明会へ行ったりしてより一層仕事にしたい!という気持ちが強くなりました。
自分の仕事が多くの人たちに見てもらえるというのがすごいと思いました。

Q 実際にやってみて

番組の内容によっては日本各地ロケに行く機会もあり、 もし自分がプライベートでだったら行かないだろうな~と思っていた場所が、 実際に行くとものすごくいい場所だったりしたときのギャップはかなり楽しい発見!

Q 業界を目指す方へ!

以前ADの時に担当していた番組でディレクターからかなり怒られていた先輩ADを見て、 「こういうことすると怒られるんだな~」と学習した入社1年目  何事もやってみないことにはわからないので、 少しでも興味あるなら自分で直接話を聞きに行くなり応募するなりしてスタートラインに立ってください!!

Q テレビ業界を目指した理由

父が映画技師の仕事をしており小さい頃からよく父の仕事場について行って、 映像に興味を持ちました。
私の中でテレビは何気ない日常に浸透してあたりまえのものになっていました。
それを仕事にして発信する側になりたいと思って目指しました。

Q 実際にやってみて

私は朝の情報番組を担当しているのですが、 今まで仕事始めるまでは正直、政治・経済・社会などのニュースはあまり見ていなかったのですが、担当になってから毎日チェックする習慣がつきました。
ちょっとしたニュースでも「今何が起きてるのか」「どうしてそうなったのか」など、 気になる癖がついたおかげで知識が増えた気がします(笑)

Q 業界を目指す方へ!

私は迷わずテレビ一本で就職活動をしていました。 自分の人生なので、自分がやりたいと思うことを貫ぬくのがいいと思います。

Q テレビ業界を目指した理由

学生時代に放送部に所属していて、 映像もそうですがモノづくりはずっと好きでした。

Q 実際にやってみて

担当番組が報道なので日々政治・経済・社会はチェックするようにして、 時事ネタに強くなりました。 その他にスタジオに出すフリップなどの小道具の発注やテロップ表記、 キャスターが読む原稿の準備など多岐にわたりやらせてもらってるので勉強になります!

Q 業界を目指す方へ!

業界入る前のイメージと始めてからのギャップに最初は戸惑うこともあると思いますが、 環境に慣れたり仕事を覚えるとだんだん楽しくなると思います。
僕もまだまだこれからですが、テレビ業界目指している方是非オススメします!  

Q テレビ業界を目指した理由

私はテレビを観ている時がとても幸せです。疲れて家に帰っても、テレビを観て笑ったり、泣いたりするとすごく元気をもらえ、明日もまた頑張ろうという気持ちになります。
視聴者には出演者しか見えませんが、見えない所ではたくさんのスタッフの方が番組を作るために働いています。
そんな番組を一から作っている制作側の人間として、多くの人に元気や幸せを与えたいと思ったからです。

Q 実際にやってみて

月~金の生放送の番組で毎曜日を担当しているわけではないですが、 担当曜日当日のオンエアに向けて街頭インタビューに銀座へ行ったり、 テレビ局内の映像素材を出してディレクターが編集するための準備をしたりと バタバタしていますが、放送終了後の達成感がとてもやりがいを感じます!

Q 業界を目指す方へ!

私は業界を目指したきっかけのもう一つとして、有名人に会いたいという理由もありました。きっかけはなんでもいいと思います。 業界に入る前は、やるからにはしっかり頑張ろうと肩に力が入っていましたが、実際にやってみて慣れてくるとこの仕事の楽しさが少しずつわかってきました。まずはやってみることが大事だと思います。

プロデューサー

『番組を仕切る』、または『番組責任者』というイメージを持つ人が多いですが、 実は一言では言い表せないほど業務内容は広範囲。 番組制作において命でもある企画を形にするのがメインですが、そこに至るまでにディレクター、放送作家、AD(アシスタントディレクター)、AP(アシスタントプロデューサー)など 制作スタッフをひとつのチームとしてまとめ、一つの作品を仕上げていきます。 番組の予算管理や組織管理、スケジュール管理、タレントブッキング、危機管理などがプロデューサーのお仕事です。

アシスタントプロデューサー(AP)

プロデューサーのアシスタントする補佐役です。 アシスタントプロデューサーの主な仕事は、番組のスケジュール管理、予算の管理、そして出演者の交渉です。 仕事内容はプロデューサーと変わりませんが実は、「交渉力」と「コミュニケーション力」そして「空気を読む」ことが求められる非常に大事なポジション! 出演者交渉の際のスケジュール調整やロケ・スタジオ収録時の合間でのタレントへのケア、それだけではなく番組の制作スタッフと関わることが多く架け橋としての役割も担っています。 番組をスムーズに制作するために欠かせない存在です。

アシスタントディレクター(AD)

その名の通りディレクターのアシスタントするのが主な仕事。 と言ってもアシスタントディレクターの仕事内容は番組によって多岐にわたります! 制作現場の主な業務全般作業リサーチ、仕込み、ロケハン、ロケ、編集作業、スタジオ業務など現場がスムーズに回るようにしなければなりません。 ディレクターの撮りたい映像をどのように実現するか、自分だったらどのように演出するだろうかなどと考えながら下積みを重ねます。 つまりアシスタントディレクターとは、ディレクターになるための修行期間なのです。

ディレクター

ディレクターは制作現場のトップです。 アシスタントディレクターが挙げてきた仕事内容のチェックや収録した素材の構成・編集など企画からオンエアまで多岐にわたります。 いくら現場経験を重ねたからといって誰しもディレクターになれるというわけではありません!! 何よりも幅広く知識が豊富で何でも知りたいという好奇心などが求められます。 そういう経験値を重ねることにより自分の思い描くような映像を演出することができるようになります。 時にはここぞというときの判断力も必要不可欠! 言わば「映像職人」のようなものです。 どんなことにこだわりを持つかはその人次第ですが、常に新しいことにチャレンジできる柔軟性は大事です。

ドックスは、報道からバラエティまで幅広い番組制作に携われます

地上波、BS、CS放送の番組、ジャンルもバラエティーから情報・報道番組まであらゆる番組制作に携わる事が出来ます。

◆バラエティー

 

○レギュラー

日本テレビ

・深イイ話

・マツコ会議

・鉄腕ダッシュ

 

テレビ朝日

・地球征服するなんて

 

TBS

・モニタリング

・櫻井・有吉THE夜会

 

テレビ東京

・ソレダメ

 

テレビ大阪

・和風総本家

 

○特番

成功の遺伝子(日テレ)

なにゆえのカリスマ!?(TBS)

空き家、つぶします(フジテレビ)

いいね!動画シアター(フジテレビ)

◆情報・報道

日本テレビ

・ZIP!

・PON!

・スッキリ

TBS

・あさチャン

・ビビット

フジテレビ

・バイキング

などなど


電話をかける