番組の企画・制作や、VPの制作や撮影、編集、ドローン空撮、演出を専門に行うクリエーター企業

テレビ番組制作の仕事

  • HOME »
  • テレビ番組制作の仕事

番組制作の流れ

seisaku

 IMG_8910画像③

プロデューサー

『番組を仕切る』、または『番組責任者』というイメージを持つ人が多いですが、 実は一言では言い表せないほど業務内容は広範囲。
番組制作において命でもある企画を形にするのがメインですが、そこに至るまでにディレクター、放送作家、AD(アシスタントディレクター)、AP(アシスタントプロデューサー)など 制作スタッフをひとつのチームとしてまとめ、一つの作品を仕上げていきます。
番組の予算管理や組織管理、スケジュール管理、タレントブッキング、危機管理などがプロデューサーのお仕事です。

ディレクター

ディレクターは制作現場のトップです。
アシスタントディレクターが挙げてきた仕事内容のチェックや収録した素材の構成・編集など企画からオンエアまで多岐にわたります。
いくら現場経験を重ねたからといって誰しもディレクターになれるというわけではありません!!
何よりも幅広く知識が豊富で何でも知りたいという好奇心などが求められます。
そういう経験値を重ねることにより自分の思い描くような映像を演出することができるようになります。
時にはここぞというときの判断力も必要不可欠!
言わば「映像職人」のようなものです。
どんなことにこだわりを持つかはその人次第ですが、常に新しいことにチャレンジできる柔軟性は大事です。

アシスタントプロデューサー(AP)

プロデューサーのアシスタントする補佐役です。
アシスタントプロデューサーの主な仕事は、番組のスケジュール管理、予算の管理、そして出演者の交渉です。
仕事内容はプロデューサーと変わりませんが実は、「交渉力」と「コミュニケーション力」そして「空気を読む」ことが求められる非常に大事なポジション!
出演者交渉の際のスケジュール調整やロケ・スタジオ収録時の合間でのタレントへのケア、それだけではなく番組の制作スタッフと関わることが多く架け橋としての役割も担っています。
番組をスムーズに制作するために欠かせない存在です。

アシスタントディレクター(AD)

その名の通りディレクターのアシスタントするのが主な仕事。
と言ってもアシスタントディレクターの仕事内容は番組によって多岐にわたります!
制作現場の主な業務全般作業リサーチ、仕込み、ロケハン、ロケ、編集作業、スタジオ業務など現場がスムーズに回るようにしなければなりません。
ディレクターの撮りたい映像をどのように実現するか、自分だったらどのように演出するだろうかなどと考えながら下積みを重ねます。
つまりアシスタントディレクターとは、ディレクターになるための修行期間なのです。

LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 株式会社ドックス|dox Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.